上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
猫と人間がより良い関係を築くには猫の性格や本能に対する理解、猫の身になって考える想像力か必要です。猫が全幅の信頼をよせて人間に依存して来ることが私たちにとっての安らぎであり、なぐさめに繋がります。
今日は、猫と親しくなるための基礎知識 その2.として猫の体重についての基礎知識を紹介。
ペットとして飼われている猫が痩せすぎる時は、病気か飢餓が原因の事が殆どです。
母猫が授乳の為に過度の負担がかかって痩せてしまったり、高齢の猫が、よく食べるのに痩せていくのは、糖尿病や腎不全などの場合があります。
肋骨が浮き出て見えるる場合は、痩せ過ぎです。
肋骨の上に薄い脂肪がつき、腹部にもわずかに脂肪がついていて、手で触ることが出来る程度が理想。
定期的に、体重を計って、記録しておく事が良いでしょう。
猫をじっと体重計に乗せるのが、無理なら、猫を抱いて計り、その後、人間の体重分を引くことで、その猫の体重を得ることが出来ます。
ただし、猫の体重の増減は微妙なので、精度の高い体重計が必要です。

(参考図書:「新猫種大図鑑」ペットライフ社刊)

na_kira.gif
本文で猫の体重が微妙と書きましたが、猫の1kgは人間で言う10kgに相当します。
猫のダイエットをする際には、一ヶ月50グラム痩せただけでも猫にとっては、充分な成果です。一年で1kg位の無理の無いダイエットをオススメします。
ちなみに、自分の飼っている猫は2年で約2kg(6.3kg→4.52kg)と大成功です。2007年10月現在の猫のダイエットも覗いていって下さいね(^^♪
自分は、与える食事、水には、充分過ぎるほど気を使い厳選した物を与えています。
これを偶然にも読まれた方もテレビCMなどに惑わされずに、厳選して与えてあげて下さいね( 。・_・)ノハイ



2007.11.18 Sun l ごんたの裏技&役立ち情報♪ l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
トラックバックを募集します。但し、トラックバックする時は、この記事をリンクして下さい。 http://attain312.blog109.fc2.com/tb.php/84-64c71c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人の承認後に表示されます
2007.11.18 Sun l
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。