上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
クラレ コモグラス UV40 (紫外線遮蔽押出板) について。

本製品は、紫外線の中で210~380nmの波長をほぼ100%遮蔽(しゃへい)。
(一般に380~400nm以下の波長領域を紫外線と称します)
また、殺菌灯(紫外線殺菌殺菌ランプなど)等に用いられる波長250nm付近の波長は100%遮蔽。

主な用途としては、薄型テレビに使用されていたり、美術展示品などを紫外線による材質劣化や変色・退色を防ぐ用途として額縁や展示品カバーとして広く用いられている製品。

クラレ コモグラス UV40のマスキングには銘柄などの表示(印字)は無い。
マスキングの表示色が赤で、他の製品と区別(通常は緑色)。

クラレ背品ホームページ


IODATA>LCD-A191EW [18.5インチ]ディスプレイに使用した感想
取り付ける前は、LCD-A191EWの輝度調整を0にしても明るすぎて目と頭が痛くなるという状態であった。
ネットで色々と教えてもらい、輝度調整の他に、色温度(ユーザー)設定で、事実上輝度を落とす方法を教えてもらい、ある程度暗くすることを可能に出来たが、暗く出来たのに目が痛いという状態は続いた。
輝度調整だけの時よりは酷くないが、寝る前と寝起きは、目がショボショボした。
この、クラレ コモグラスUV40をディスプレイに取り付けた所、目が痛くなくなった。パネルを外すとやっぱり痛い・・・。
ということは、このコモグラス UV40によるディスプレイの光をやわらげる効果があると言って良いと思われる。
☆メリット
長時間ディスプレイを見続けていても、目や頭が痛くなくなった。
LCD-A191EWは、ノングレア(非光沢)ディスプレイなのだが、コモグラスUV40が光沢なので、テレビやノートPCのように光沢パネルになったように見える(綺麗な感じで良い)。
コモグラス UV40を取り外せるように取り付ければ、パネルが埃などで汚れた場合、布やティッシュで拭いて傷を付けるようなことをせず、取り外して洗うことが出来る。(貼って剥がせる両面テープや自己粘着テープなどを使用)
☆デメリット
明るい部屋ではパネルに映り込みがある。

2010.11.03 Wed l ごんたの裏技&役立ち情報♪ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
トラックバックを募集します。但し、トラックバックする時は、この記事をリンクして下さい。 http://attain312.blog109.fc2.com/tb.php/222-2fdb5bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。