上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


ATハイポリマー
・ 業務用ATハイポリマー剤/AT HIGH POLYMER
・ スポンジにスプレーしてボディーに塗りこむだけで、汚れを落とし、同時に、ポリマーコーティングを掛けることが出来ます
・ 全色対応
・ 内容量480ml
・ 出品状態 : 未開封品
・ ガソリンスタンドや整備工場などに卸されている業務用です。
・ 一般には、ガソリンスタンドなどで、2,980円~4,980円/1回で施工されてますので、1回の試行で元は取れます。
・ 1度の使用量(車の大きさ、汚れの度合い)にもよりますが、通常、普通車で、約7~10回位は可能です。
・ シリコーン化合物とポリマーレジンによって鮮やかな光沢と撥水がえられます。
ATハイポリマー
 撥水耐久期間
  車庫無しの場合・・・1~2か月
  車庫有り&よく車に乗る場合・・・2~3か月
  車庫有り&ほとんど車に乗らない場合・・・3~6か月

使用方法
1. 洗車をして、ボディーについた砂や埃を取り除きます。
2. 容器を良く振り、水を含ませたスポンジに適量スプレーして、自動車のボディに塗り伸ばします。
3. 液が乾かない内に、スポンジを縦横に動かし、水垢を落としながら、よくすり込みます。
4. 水をかけながら、キレイなスポンジでワックス成分を完全に除去します。(水をかけずに乾いた状態で、ネル地などので拭きあげてもOKです)
5. 乾いた布などで、水分を拭き取ります。
※ 洗車後、ボディの水分を拭き取っても試行できます。
※ 水垢などの汚れが酷過ぎる場合は、別途水垢取りクリーナーを用意し、先に、水垢を落としてからATハイポリマーを使うことをお奨めします。(当方ある程度知識がありますので、相談に乗れます。)


Q. 最高のカーケア製品(ワックスorコーティング製品)を使いたいのですが…?
A.
 自分が知る高級なカーケア製品は、シュアラスターでもブリスでもなく、ザイモール(ZYMOL)社の『ザイモール コンコースワックス』です。また、『ザイモールヴィンテージワックス』や『ザイモールロイヤルワックス』が自分が知る限り最上級の製品です。
そこまで必要ないという人や、月に一度とかガソリンスタンドなどでポリマーコーティングとかで綺麗にしてもらっている人、ATハイポリマーでご自分で作業してみませんか?入札お待ちしています。

Q. 『毎回WAXやコーティングをしているのにボディが汚れているように感じてきた / こまめに洗車しているつもりが、汚れが目立ってきた。 / カーケアの間隔が長く軽度の水垢や汚れが付いてしまう』、などといった悩みを抱えていませんか?  
クリックで拡大画像A.カーケア(洗車やワックス掛け)をしてから次のカーケアをするまでの1~2ヶ月の間に、洗車だけでは落とせない汚れが車のボディに必ず付きます。また、以前に掛けたワックスやコーティング剤に、洗車では落としきれない汚れが、必ずこびり付いててしまうものです。
解りやすい感覚で言うと、時速50km/hで車に付着する汚れを言いかえると、止まっている車に、時速時速50km/hで汚れを連続的に付着し続けると言うことです。そういった汚れは、ボディ塗装面やコーティング面やワックス面にこびり付いたり、突き刺さったりし、結果、洗車では落ちないこびり付いた汚れとなります。
勘の良い方はお解りかと思いますが、同じ汚れの環境を走ったとしても、30~40km/h程度しか出さずに走っている車の汚れは、洗車だけでも殆どの汚れを落とすことが出来ます。
また、洗車する際の水中に含まれている水の不純物は、洗車中に別途付着します。
そういった汚れの上にワックスやコーティングを重ねてしまうことで、『ボディ-コーティング-洗車で落ちない汚れ-コーティング-洗車で落ちない汚れ-コーティング』というような汚れの層が出来、汚れているように見えたりくすんでいるように見えるのです。
ATポリマーは、汚れを落としながらコーティングをするというコーティング剤なので、コーティングを重ねる度に汚れを落としながらコーティングが重なるため汚れの層が出来ません。


2010.06.28 Mon l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。