上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
認知症を引き起こす原因
認知症を引き起こす病気の原因として、アルツハイマー病、パーキンソン病などがあり、治療方法が確立していないと言われているが、ここ最近、『特発性正常圧水頭症』という病名が原因で、認知症を引き起こしている人が居るということが、ここ最近になって解ってきたようです。

◎特発性正常圧水頭症とは
 髄液が何らかの理由で脳室(脳の隙間の空間)にたまってしまう病気。
 脳が圧迫されることで、様々な症状を発症する。別名・iNPH。
 患者は60歳以上が大半を占める。
 典型的な症状は(1)歩行障害、(2)認知症、(3)尿失禁。歩行障害は「がにまた」
 「すりあし歩行」がきわめて特徴的。

長年、アルツハイマー病やパーキンソン病に間違われている認知症患者が多数いると見られていて、この特発性正常圧水頭症は、認知症患者の全体の5~10%占めるとよそうされる。

手術は、脊髄から、針を刺して、髄液を少し抜くという手術で、術後直ぐに歩けるようになったり、劇的に効果が見られるという。

◇特発性正常圧水頭症についての解説
 東京共済病院院長 桑名信匡 医師(脳神経外科 日本神経外科学会)
「東京共済病院」
 東京都目黒区中目黒2-3-8
 電話:03-3712-3151
 ホームページ:http://www.tkh.meguro.tokyo.jp/

◇特発性正常圧水頭症について紹介しているホームページ
 アドレス:http://www.inph.jp/

※ この病気についての相談は、まず、お近くの神経内科・脳神経外科へ。

NHKゆうどきネットワークで、放送されていた情報です。
2009.12.07 Mon l 医療/健康マメ知識 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

黒質
既に亡くなられましたが 黒質にまで髄液溜まり
高齢を差し引いても激しく 脳が萎縮していた利用者さんが居りました。

ドクターは 会話が成立しているから
正常圧水頭症だと診断されましたが 手術はしない方がイイだロォとの事。
ご本人も 帰り掛け
「わしの頭を振ったら カランコロンと音がするやろな」
と明るく受け答えしてくれました。

また 良い情報があれば流してください。
ありがとうございました。   
2009.12.08 Tue l たらやん. URL l 編集
>たらやんさん
>たらやんさん

特発性正常圧水頭症が原因で、痴呆症になるというのは、ごくごく最近解ったことらしいですね。
なので、未だに、アルツハイマー病などと診断され、入退院を繰り返している人がいるそうです。
そして、歩行に障害が出てきたり、物忘れが多くなってきても、高齢という歳だから仕方ないよということで片付けられてしまう人達もたくさんいるようで、そういう人たちを含めると、全体の10%ににもなるとよそうされるようです。
手術と行っても、説明では針を刺して、その髄液を抜くだけという作業?処置?手術?の様な感じで話していました。詳しくは説明されませんでしたけれどもね。
たまにしか書きませんけれど、また、訪問されて下さいね。
2009.12.13 Sun l ごんちゃん♪. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
トラックバックを募集します。但し、トラックバックする時は、この記事をリンクして下さい。 http://attain312.blog109.fc2.com/tb.php/172-21e2ed15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。