上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
現在ご使用になっているスキンケア製品に使用されている成分の安全性についてご存知ですか?
ご自身やお子様に有害になりうる化学物質を含んでいないと確信できますか?

もし、不安に感じるようでしたら、以下の有害成分表を使ってご自分で確かめてみてください。ここにあげる情報は、人体に使用される化学物質に関する安全性についての情報を提供するための国際的基準として認識されている、化学物質等安全性データシート(MSDS)から抜粋したものです。


いかがですか?
あなたの今、ご使用の製品は大丈夫ですか?
自分で使用するだけならまだしも、そういうものを知人に良いよなどと薦めていないですよね?
以下は、その成分です。
---------------------------------------------------------------
合成化学成分用語集
---------------------------------------------------------------

有害成分一覧
1,4-ジオキサン
ブロモ-2-ニトロプロパン-1,3-ジオール (ブロノポール)
アルコール、イソポルピール(SD-40)
ラウレス硫酸アンモニウム (ALES)
ラウリル硫酸アンモニウム
陰イオン界面活性剤
塩化ベンザルコニウム
ブチル化ヒドルキシアニソール(BHA)
ブチル化ヒドロキシトルエン (BHT)
陽イオン(カチオン)界面活性剤
セタルコニウムクロリド
セトリモニウムクロリド
クロロメチルイソチアゾリノン
イソチラゾリノン
ココミドプロピルベタイン
ヤシ油脂肪酸サルコシネイト
シクロメチコン
DEA (ジエタノールアミン), MEA (モノエタノールアミン), & TEA(トリエタノールアミン)
ディアゾリディニール尿素
ジメチコン
ジメチコンコポリオール
スルホコハク酸ジオクチル2ナトリウム
スルホコハク酸ラウレス2ナトリウム
スルホコハク酸オレアミド2ナトリウム
DMDM ヒダントイン
エトキシ化界面活性剤
色素添加物 FD&C
ホルムアルデヒド
香料
動物性蛋白加水分解物
イミダゾリディニール尿素
ラノリン
ラウリルジモニウム加水分解コラーゲン
ラウリルサルコシンまたはココイルサルコシン
ラウリルサルコシン
流動パラフィン
MEA 複合物
メチルイオアゾリン、メチルクロロイソチラソリノン
鉱物油
ニトロソ化反応を引き起こす物質
バラベン防腐剤(メチル、プロポリル、ブチル、エチル)
パラフィンワックス/オイル
ポリエチレングリコール(PEG)複合物
ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム
プロポリレン/ブチレングリコール
PVP/VA共重合体
クオタリウム7、15、31、60など
発酵物由来の天然エモリエント
シリコン由来のエモリエント
ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム
ラウレス硫酸ナトリウム(SLES) ラウレス硫酸アンモニウム(ALES)
ラウロリルサルコシンナトリウム
ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)、ラウリル硫酸アンモニウム(ALS)
ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
ステアラルコニウムクロリド
タルク
TEA(トリエタノールアミン)ラウレス酸
TEA複合物s
トルエン

-----------------------------------------------------------------------------

有害成分リスト

★ 1,4-ジオキサン
化粧品に含まれる発ガン性のある汚染物質。エトキシ化界面活性剤を含む化粧品の約 50%はジオキサンを含有していることが認めたれた。エトキシ界面活性剤を参照。

化学物質等安全性データシート (MSDS)より: _1,4-ジオキサンは、吸入、皮膚吸収、経口摂取によってその影響を及ぼすことがある。_1,4-ジオキサンは発ガン性物質としてあげられている。
この物質に大量にさらされることによる影響: 1,4-ジオキサンは目や粘膜の炎症、皮膚の炎症、中枢神経系の衰弱を引き起こす可能性がある。腎臓や肝臓へ有毒となる可能性あり。_急激にさらされると、痛み、頭痛、めまい、失神を引き起こす。慢性的な吸入により、肝臓や腎臓への障害、血液障害を引き起こす可能性がある。__血液、肝臓、腎臓、中枢神経系への持病がある場合または皮膚炎を起こしやすい場合は、この物質にさらされると、その持病が悪化することがある。

★ ブロモ-2-ニトロプロパン-1,3-ジオール (ブロノポール)
有毒性あり。_ニトロソ化反応物質を参照。

★ アルコール、イソポルピール(SD-40)
極度に乾燥や炎症を引き起こしやすい溶剤で、皮膚の自然な酸性の上皮を引き剥がす乾燥剤となる。それにより、細菌やカビ、ウィルスへの感染が起こりやすくなる状態にする。石油由来のプロピレンから成る。茶色のシミや若年での肌の衰えを起こしやすくする。.

★ ラウレス硫酸アンモニウム (ALES)
陰イオン界面活性剤を参照。
ラウレス硫酸ナトリウムを参照。
ニトロソ化反応物質を参照。

★ ラウリル硫酸アンモニウム
陰イオン界面活性剤を参照。
ラウレス硫酸ナトリウムを参照。
ニトロソ化反応物質を参照。

★ 陰イオン界面活性剤
陰イオンは、これらの界面活性剤の持つ負電荷のことをさす。発ガン性物質であるニトロソアミンに汚染されている可能性がある。界面活性剤は健康への深刻な妨げを引き起こす可能性がある。車庫の床用洗剤やエンジン用洗剤などとして洗車製品に使用される他、気泡性のあるパーソナルケア製品の90%に使用されている。
・ ラウリル硫酸ナトリウム (SLS)
・ ラウレス硫酸ナトリウム (SLES)
・ ラウリル硫酸アンモニウム (ALS)
・ ラウレス硫酸アンモニウム (ALES)
・ ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
・ ラウロリルサルコシンナトリウム
・ ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム
・ ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム
・ TEA(トリエタノールアミン)ラウリル酸
・ TEA(トリエタノールアミン)ラウレス酸
・ ラウリルサルコシンまたはココイルサルコシン
・ スルホコハク酸オレアミド2ナトリウム
・ スルホコハク酸ラウレス2ナトリウム
・ スルホコハク酸ジオクチル2ナトリウム など

★ 塩化ベンザルコニウム
有毒性が高く、皮膚炎を引き起こす。陽イオン(カチオン)界面活性剤を参照。

化学物質等安全性データシート (MSDS)より:_ 経口摂取により非常に有毒性の高い物質。

過度にさらされることによる影響: 噴霧により皮膚、目、鼻、のど、粘膜への炎症を引き起こす可能性がある。接触を避けること。症状: 筋疾患、低血圧、中枢神経系衰弱
緊急の場合の対処方法

目: 腐食性あり。すぐに大量の水で目を洗い流すこと。

吸入: 新鮮な空気の場所へ移動させる。(呼吸困難の場合は)酸素吸入をする。医師に連絡をする。

経口摂取: 意識がある場合は、多量の水分を摂取して嘔吐を促す。医師に連絡をする。

★ ブチル化ヒドルキシアニソール(BHA)
アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす。

★ ブチル化ヒドロキシトルエン (BHT)
アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす。トルエンを含む。
トルエンを参照。

★ 陽イオン(カチオン)界面活性剤
これらの化学物質は正電荷を持つ。第4級アンモニウムグループを含み、「quats」と略称されることが多い。ヘアーコンディショナーに使用されるが、もとは柔軟剤および静電気防止剤として製紙、繊維業界で使用されていた。長期使用の影響として毛髪の乾燥やパサツキがあげられる。合成物質であり、炎症、アレルギーを引き起こし、有毒性のある成分で、経口摂取すると死に至ることもある。

・ ステアラルコニウムクロリド
・ 塩化ベンザルコニウム
・ セトリモニウムクロリド
・ セタルコニウムクロリド
・ ラウリルジモニウム加水分解コラーゲン

★ セタルコニウムクロリド
陽イオン(カチオン)界面活性剤を参照。

★ セトリモニウムクロリド
陽イオン(カチオン)界面活性剤を参照。

★ クロロメチルイソチアゾリノン
接触性皮膚炎を引き起こす。

★ イソチラゾリノン
接触性皮膚炎を引き起こす。
__化学物質等安全性データシート (MSDS)より: 目への接触: 永久的ダメージを引き起こす可能性を持つ腐食性がある。
皮膚への接触: 第3度の火傷に至る可能性を持ち肌への腐食性がある。吸収されると有害となりうる。皮膚炎を起こしやすい人の場合、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こすことがある。
経口摂取: 死に至ることがありうる。

吸入: 粘膜と肺に腐食性となりうる。影響を受けやすい場合、アレルギー反応を引き起こす場合がある。

★ ココミドプロピルベタイン
化学物質等安全性データシート (MSDS)より
目と皮膚への炎症を引き起こすことがある。

★ ヤシ油脂肪酸サルコシネイト
ニトロソ化反応物質を参照。

★ シクロメチコン
シリコン由来エモリエントを参照。

★ DEA (ジエタノールアミン), MEA (モノエタノールアミン), & TEA(トリエタノールアミン)
pH調整のために化粧品に使用されることが多い。酸をクレンザーのベースとなる塩素(ステアリン酸塩)に変えるために多くの脂肪酸と共に使われる。TEAは、目への影響、髪や皮膚の乾燥などといったアレルギー反応を引き起こし、長期にわたって体内に吸収されると有毒となることがある。

これらの化学物質は、発ガン性が認められるとして、すでにヨーロッパでは使用が制限されている。サミュエル・エプスタイン博士(イリノイ大学環境健康学教授)によると、DEAをベースとする洗剤の長期にわたる皮膚への接触は、肝臓ガンと腎臓ガンの発生率を高めることがわかったとのこと。

ニトロソ化反応物質を参照。

化学物質等安全性データシート (MSDS)より:_ 急性・慢性の健康への被害:
体の細胞に深刻な刺激を与え、目に有害な可能性がある。
発ガン性について: ニトロソ化反応する物質にアミンが反応し、発ガン性のあるニトロソアミンを生み出す。

★ ディアゾリディニール尿素
接触皮膚炎を引き起こす最大の原因とされる(アメリカ皮膚学会の定義による)。発ガン性物質であるホルムデヒドを含み、吸い込むと有害であり、強い刺激剤となり、接触皮膚炎を引き起こす。

ホルムアルデヒドを参照。

化学物質等安全性データシート (MSDS)より:
_目への重度の炎症を起こす。皮膚への炎症を起こす可能性あり。この物質にさらされた兆候と症状について。

吸収した場合にみられる症状:霧状の気体を吸い込んだ場合、粘膜、鼻、目、のどへの炎症を引き起こす。せき、呼吸困難など。

皮膚接触の場合にみられる症状:接触部にずきずきした痛みや焼けるような感覚、炎症、火傷、痛みを伴う水ぶくれを起こす。
細胞組織への重大なダメージを与える。

目への接触による症状:目やまぶたに痛みを伴った焼けるようなまたは刺すような感覚、なみだ目、結膜炎を起こす。

★ ジメチコン
シリコン由来エモリエントを参照。

★ ジメチコンコポリオール
シリコン由来エモリエントを参照。

★ スルホコハク酸ジオクチル2ナトリウム
陰イオン界面活性剤を参照。

★ スルホコハク酸ラウレス2ナトリウム
陰イオン界面活性剤を参照。
エトキシ化界面活性剤を参照。

★ スルホコハク酸オレアミド2ナトリウム
陰イオン界面活性剤を参照。

★ DMDM ヒダントイン
ホルムアルデヒドを含む。.
ホルムアルデヒドを参照。

★ エトキシ化界面活性剤
エトキシ化界面活性剤は気泡剤、乳化剤、潤滑剤として多くの化粧品に使用される。製造の過程で、発ガン性の可能性が認められている有害物質である1,4-ジオキサンが生成される。

接頭辞や音節に「PEG」「ポリエチレン」「ポリエチレングリコール」「ポリオキシエチレン」「-eth-」「-oxynol-」などとラベルに表示されている。

1,4-ジオキサンを参照。

★ 色素添加物 FD&C
コールタールから作られる合成色素。皮膚に有害物を沈着する重金属塩を含み、敏感肌や皮膚炎の原因となる。動物実験によると、ほぼ全種類に発ガン性があると認められている。

★ ホルムアルデヒド
ホルムアルデヒドはガンを誘発する発ガン性物質として知られている。アレルギー、炎症、接触皮膚炎、頭痛、極度の疲れやだるさを引き起こす。蒸気は目、鼻、のど(粘膜)に極度の炎症をおこす。

ニトロソ化反応物質を参照。

★ 香料
ラベルに香料と書かれている場合、その多くが有害または発ガン性がある4000種類もの成分が含まれている可能性があることを意味する。頭痛、めまい、アレルギー性湿疹、皮膚の変色、激しいせきや嘔吐、皮膚の炎症などの症状が、USA FDAに報告されている。臨床観測の結果、香料は中枢神経系に影響を与え、うつ病、活動過多症、いらいら感を引き起こす原因となることがあることがわかっている。

★ 動物性蛋白加水分解物
ニトロソ化反応物質を参照。

★ イミダゾリディニール尿素
Germall 115として商標されている化学物質。10°C以上で化粧品中に発ガン性化学物質であるホルムアルデヒドを発生させる。有害。ホルムアルデヒドを参照。

ニトロソ化反応物質を参照。

★ ラノリン
羊に使用されるあらゆる化学物質が羊毛から取れるラノリンを汚染する。化粧品に使用されるラノリンの多くは、DDTのような塩素処理された化合農薬によって高度に汚染されている。

★ ラウリルジモニウム加水分解コラーゲン
陽イオン(カチオン)界面活性剤を参照。

★ ラウリルサルコシンまたはココイルサルコシン
ラウリルサルコシン
ニトロソ化反応物質を参照。

★ 流動パラフィン
流動パラフィン、鉱物油を外来語のような聞こえにするようにした単なる別称である。 (!!)鉱物油を参照。

★ MEA 複合物
ニトロソ化反応物質を参照。

★ メチルイオアゾリン、メチルクロロイソチラソリノン
ともに化粧品アレルギーの原因となる。

★ 鉱物油
石油の副産物で、皮膚をフードラップのように覆い毛穴をふさぐ。毒素を排出する皮膚機能を妨げ、にきびやその他の肌荒れを起こりやすくする。肌の機能や細胞の代謝を退化させ、肌の老化を早める。多くの製品に使用されている(ベビーオイルはなんと100%鉱物油!)。鉱物油から派生した物質はいずれもガンを誘発するPAH's(多環芳香族炭化水素)に汚染されている可能性がある。化粧品製造会社が石油を使用するのは、それが信じられないほど安いからである。

・ 鉱物油
・ 流動パラフィン (高級鉱物油としても知られている)
・ パラフィンオイル
・ パラフィンワックス
・ ワセリン

★ ニトロソ化反応を引き起こす物質
以下にあげる化学物質には、動物実験で発ガン性が認められているニトロソアミン汚染の原因となる可能性がある。アメリカやヨーロッパでは、ニトロソアミンを含有する化粧品についての懸念が広く繰り返し叫ばれている。

・ 2-ブロモ-2-ニトロプロパン-1,3-ジオール
・ ヤシ油脂肪酸サルコシン
・ DEA 複合物
・ イミダゾリディニール尿素
・ ホルムアルデヒド
・ 動物性蛋白加水分解物
・ ラウリルサウコシン
・ MEA 複合物
・ クオタニム-7, 15, 31, 60, etc
・ ラウリル硫酸ナトリウム
・ ラウリル硫酸アンモニウム
・ ラウレス硫酸ナトリウム
・ ラウレス硫酸アンモニウム
・ ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
・ TEA 複合物

★ バラベン防腐剤(メチル、プロポリル、ブチル、エチル)
微生物の成長の抑制剤としての役割がある他、製品の有効期限を長くするために使われる。湯有害性が認められているにも関わらす、広く一般的に使用されている。多くのアレルギー反応や皮膚の発疹を起こしている。非常に有害。

化学物質等安全性データシート (MSDS)より: _緊急の処置について:_警告!飲み込んだり吸い込んだりすると有害。皮膚、目、呼吸器に炎症を誘発。アレルギー性の皮膚反応を引き起こす可能性あり。

皮膚接触: 皮膚に炎症を起こす。赤み、かゆみ、いたみなどの症状を含む。アレルギー性の皮膚反応を引き起こす可能性あり。

目への接触: 炎症、赤み、痛みを誘発。

★ パラフィンワックス/オイル
パラフィンワックスは鉱物油ワックスである。鉱物油を参照。

★ ポリエチレングリコール(PEG)複合物
発ガン性のある可能性がある石油由来の成分で、皮膚の自然な潤い度を変化させ減少させることがある。肌の老化が現れやすくなり、細菌感染が起こりやすくなることがある。油分を溶解するためにクレンジング製品に使用される。溶解温度を調整し、製品に濃度をつける役割をする。また、苛性(かせい)のスプレータイプのオーブンクリーナーにも使用される。エトキシ化界面活性剤を参照。

★ ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム
陰イオン界面活性剤を参照。

★ プロポリレン/ブチレングリコール
プロポリレングリコール(PG) は、石油から派生した物質。皮膚に浸透し、たんぱく質と細胞構成を弱めることがある。ハーブ抽出物を製造するために一般的に使用される。PGはボート船底に付着するフジツボを取り除くことができるほど強力である。

EPA (アメリカ環境保護庁) では、PGの有害性を懸念し、雇用者に保護用手袋、衣服、ゴーグルを着用するよう要請し、PG溶液の廃棄は地面に埋めて処理するよう指示している。PGは肌に急速に浸透するので、EPAでは脳、肝臓、腎臓などへの障害を阻止するため、皮膚への接触を避けるよう警告している。しかし、大多数の工業用に使用されているよりもPG濃度が高いスティック型のデオドラントのような製品のラベルには、注意書きさえも表示されてないのである。
化学物質等安全性データシート (MSDS)より:_健康への害は急速で重度

吸入: 呼吸器、のどへの炎症、中枢神経系の衰弱、血液や腎臓障害をおこすことがある。眼振症、リンパ球増多症を引き起こすことがある。

皮膚: 炎症、皮膚炎、浸透。

目: 炎症、結膜炎。

経口摂取: 肺浮腫、脳障害、低血糖、血管内溶血。死に至ることもある。

★ PVP/VA共重合体
石油由来の化学物質で、ヘアスプレーやヘアー調整剤、その他の化粧品に使用される。敏感な人の肺に分子が異物をもたらすことがあるので毒性があるとされる。

★ クオタリウム7、15、31、60など
有害で皮膚の発疹やアレルギー反応を引き起こす。

ニトロソ化反応物質を参照。

化学物質等安全性データシート (MSDS)より:
_肌: 長期または繰り返しさらされることにより、皮膚への炎症を引き起こすことがある。皮膚に湿り気がある場合はさらに重度の反応を示すことがある。

敏感肌の人にとっては、水溶液に1%以上含まれていると肌を敏感にさせることがある。

★ 発酵物由来の天然エモリエント
化粧品に使用される自然の油分は低温抽出されるべきである。スーパーの店頭や健康食品店などで販売されている精製された植物性オイルは、色も匂いも味もなく、すべて肌を整える栄養素や必須脂肪酸、ビタミン、不けん化物などに欠けている。これらのオイルはまた、精製の過程で生じる有毒「トランス」脂肪酸を含んでいる。

植物性オイルから作られるクリーム製品に関して考慮すべき別の重要な要素は有効期限である。有効な植物オイルのほとんどは(ローズヒップ、ルリヂサ、イブニングプリムローズオイルなど)、多価不飽和脂肪なので、酸化しやすく腐敗が比較的早く進む(約6ヶ月 )。店頭に並んでいる大多数の化粧品の有効期限は3年間。腐敗したオイルは有毒であり、皮膚にダメージを与え老化を引き起こす活性酸素を生成する。

★ シリコン由来のエモリエント
シリコン由来のエモリエントは閉塞性がある。つまり、皮膚を覆ってその下にあるものをすべて閉じ込めてしまい、皮膚が呼吸することができなくなるのである(フードラップの機能と同様である)。

最近の研究では、皮膚が閉塞されて汗をかくことが長期にわたって続くと、皮膚への炎症がおこる場合があることが示されている。合成エモリエント(皮膚柔軟成分)は、腫瘍を促進させることが知られており、肝臓やリンパ腺の中に蓄積される。また、生物分解されないので、環境へ悪影響を及ぼす。

・ ジメチコン
・ ジメチコンコポリオール
・ シクロメチコン

★ ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム
陰イオン界面活性剤を参照。

★ ラウレス硫酸ナトリウム(SLES) ラウレス硫酸アンモニウム(ALES)
他の化学物質と混合されると、SLES とALES は強い発ガン性物質とされるニトロアミンを生成する。「ココナッツから由来」といった名目で半自然化粧品に頻繁に使用されている。

陰イオン界面活性剤の項参照
エトキシ化界面活性剤
ニトロソ化反応を引き起こす物質

化学物質等安全性データシート (MSDS)より:
警告! 目と皮膚に炎症を誘発。目、皮膚、衣服への接触を避けること。軽度から重度の目の炎症を起こすとされている。

★ ラウロリルサルコシンナトリウム
陰イオン界面活性剤

★ ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)、ラウリル硫酸アンモニウム(ALS)
車庫の床用洗剤やエンジン用洗剤などとして洗車製品に使用される他、気泡性のある製品の90%に使用されている。

SLS、ALSに曝露された動物にみられた症状は、目へのダメージ、中枢神経系の衰弱、呼吸困難、下痢、重度の皮膚への炎症などで、死に至ったケースもある。

子供の目はSLSやALSに曝露されるとたんぱく質が溶解されるため、正常に発達しないことがある。SLSおよびALSはまた、皮膚の層を分離し炎症をおこすことにより、皮膚の免疫システムにダメージを与えることがある。半ばナチュラルといわれる化粧品に「ココナッツ由来」といった名目で頻繁に使用される。

ニトロソ化反応物質を参照。
陰イオン界面活性剤を参照。

化学物質等安全性データシート (MSDS)より:
_目への接触

29%のラウリル酸ナトリウム溶液を6頭の白ウサギの目に一滴ずつ投与した結果、重度の炎症を引き起こした。重度の皮膚への炎症を誘発する物質として分類されている。

★ ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
ニトロソ化反応物質を参照。
陰イオン界面活性剤を参照。

★ ステアラルコニウムクロリド
ヘアーコンディショナーやクリームに使用される化学物質。アレルギー反応を引き起こす。ステアラルコニウムクロリドは、繊維業界によって柔軟仕上げ剤として開発されたが、髪の健康を助けるプロテインやハーブ類などに比べてかなり安く使用も簡単なので、髪用コンディショナーに使われている。有毒。

陽イオン(カチオン)界面活性剤を参照。

★ タルク
科学研究によると、タルクパウダーを性器に常用すると、卵巣がんが3~4倍の割合で起こりやすくなるということがわかっている。

★ TEA(トリエタノールアミン)ラウレス酸
合成乳化剤。高い酸性を示す。トリエタノールアミン (TEA)を含有する40%以上の化粧品は、強い発ガン性物質であるニトロソアミンに汚染されていることがわかっている。

化学物質等安全性データシート (MSDS)より
_特別危険警戒: :体内の組織に重度の刺激を与え、目に対して有害な可能性がある。取り扱いに注意。目や皮膚への接触を避けること。気体が発生した場合は吸入を避けること。目への接触の危険性がある場合はマスクを着用すること。

発ガン性について: アミンはニトロソ化誘発物質に反応して、発ガン性物質であるニトロソアミンを発生。

陰イオン界面活性剤を参照。
ニトロソ化反応物質を参照。

★ TEA複合物s
ニトロソ化反応物質を参照。

★ トルエン

化学物質等安全性データシート (MSDS)より:
害毒!危険!飲み込むと有害で死に至ることもある。吸入または皮膚から吸収されると有害!

気体は有害。発火性の液体及び気体は、肝臓、腎臓、血液システム、中枢神経系に影響を与える可能性あり。皮膚、目、呼吸器へ炎症を起こす。

吸入: 吸入は上部の呼吸器の炎症を誘発することがある。大量にさらされた場合の症状は、疲労感、ろうばい、頭痛、めまい、眠気など。特殊な皮膚の感覚(しびれなど)や無感覚になることがある。非常に高濃度では、意識不明や死を招くこともある。

経口摂取: 飲み込むと、胃腸けいれんやその他大量に吸入した場合と同様の症状を引き起こす。肺へ吸い込むと、死に至る可能性のある化学性肺炎を引き起こすことがある。
皮膚への接触: 炎症を誘発。皮膚に吸収される可能性あり。

目への接触: 赤みと痛みを伴う重度の目の炎症を引き起こす。
慢性的にさらされた場合: 慢性の毒性による貧血、血液細胞数の減少、骨髄低形成が報告されている。肝障害や腎障害が起こることもある。繰り返しまたは長期の接触により、脱脂作用が生じ、乾燥、赤み、皮膚炎を引き起こす。

妊婦がトルエンにさらされると、胎児の発達に影響を与える可能性がある。




2009.06.10 Wed l 医療/健康マメ知識 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
トラックバックを募集します。但し、トラックバックする時は、この記事をリンクして下さい。 http://attain312.blog109.fc2.com/tb.php/142-bbd09986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。