上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
三脚を使用した時に、なぜ、手ブレ補正をオフにすのか?と考えた人はけっこういるはず。
また、手ブレ補正ONで、三脚を使用した時に、画像がぶれてしまったなどの経験をしたことのある人もいるはず。
以下にメーカーのQ&Aを三点ほど引用します。
===========
Q)三脚使用時手ぶれ補正SWをOFFにする理由は?
A)三脚使用時には、手ぶれとは異なる振動が含まれるため、
正確に補正ができない場合があります。SR(手ぶれ補正) SWはOFFでご使用ください。
                  (PENTAX>FAQ:K-10D)
Q)三脚を使用する場合に手ブレ補正は使えないのですか?
A)三脚を使用して撮影をおこなう場合でも手ブレ補正はご使用いただけますが、
極めて稀に誤補正をおこなう可能性があります。三脚使用時など手ブレの起こらない状況では、
手ブレ補正をOFFにしておくことをおすすめします。
                  (SONY>FAQ:デジタル一眼レフカメラ''α'')
Q)三脚を使用する時に手ぶれ補正は使えますか?
A)極めて稀に、誤補正の可能性があります。三脚使用時など手ぶれの起こらない状態の場合には、
手ぶれ補正をOFFにしておくことをお勧めしています。
                  (KonicaMinolta>α-7DIGITAL FAQ No.32)
===============

つまり、今の手ブレ補正の技術レベルは、人間が、カメラを持ちシャッターを切った際に発生するブレを想定したブレ補正というようなアルゴリズムだから。

CANONのレンズなどは、【流し撮り対応「手ブレ補正モード2」】のような、『流し撮り用手ブレ補正モード』の搭載レンズがあります。カメラが大きな動きをした場合、流し撮りと判断し、流し撮り方向の補正動作を停止するという手ブレ補正がある。つまり「流し撮りの方向以外の補正は行う」ということ。
結果から言うと、今の技術の手ブレ補正は、カメラに起こるブレというものを、全て自動で判断できる技術レベルに達していなく起こるであろうブレ対策をカメラメーカー経験から補正しているということが現状です。

三脚は、人の手ブレとは全く違った固有の振動周波数があって、補正なしでは目立たないブレが、人を前提とした補正アルゴリズムが手ブレ補正ONで働くことにより、逆に振動=ブレを増加させる方向に作用することがあるようです。

そのため、三脚などの撮影では、手ブレ補正無しにすることを推奨しているようです。
スポンサーサイト
2012.07.30 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
キヤノン『EOS』のミラーレスカメラをリリースか? という画像が流出した。デジカメインフォにも載っていましたね。
eos0720_20120721054709.jpg
ボディ上面に「EOS M」の文字があるので、シリーズ名はEOS Mになる可能性が高そうですね。

装着されているレンズはEF-M 22mm F2 STMとなっているので、APS-C(?)で換算35mm程度のレンズでしょうか(もしくは1.5インチセンサーで換算41mm程度?)。また、このレンズの側面にはMACROの文字があり、0.15mまで寄れるようですね。

APS-CならさすがCANONといったところだけれど、1.5型だとなんだかなぁ~って人多いんじゃないかなぁ…
正式発表は23日のようですが、流出って酷いなぁ…
中国製なのかな…?

画像:photofans.cnより引用
http://www.photofans.cn/article/showarticle.php?threadyear=2012&articleid=78813
2012.07.21 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
責任をとるということは、痛い思いをするってこと。
迷惑をかけた人間が、かぶった以上の痛みを自分が背負うってこと。
銀の食器を壊したやつは、金の食器を買って返すってこと。
悪臭を撒き散らす工場の社長はその工場の煙突のすぐ横に屋敷を構えるってこと。
それが責任をとるってこと。
なのに、この世で偉いと言われている奴は、痛い目を見たがらない。
チョット下手に出て、軽く頭を下げて謝って済むと思っている。
東京電力社長は、原発敷地のすぐ横に屋敷を構えるべきだ。
2012.07.18 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
DSCN6610.jpg
4日で、202ショット。試し撮り中に、電子ダイヤルの不具合が生じました。
初期不良ということで、ペンタックスk-01が、販売店で、新品交換となりました。
交換した新品商品は、売却しちゃいます。
★売却理由
DXOマークとか、Pentax K-01 Studio scene comparisonとかなどで、画質のチェックをして、これは価格が安いのに、画質は飛びぬけて良さそうだと思って、買ったのだけれど、折角選んだK-01なのに、この機体、少し暗い所で、ストロボ発光でAV絞り優先モードで撮影しようとした場合、シャッタースピードが上がらないということが解った…ガックリ…。
Nikonは、絞り優先モードで、ストロボ発光にすると、被写体ブレや手ブレが起きないように、自動的に1/60~1/250秒に自動設定される。
canonは、絞り優先モードで、ストロボ発光にすると、1/250~30秒でという初期設定となるが、カメラ側の設定で、1/250~1/60秒自動設定と、1/250秒固定設定という設定機能がある為、被写体ブレや手ブレを起こさないシャッタースピードに設定も可能。
ようは、AV絞り優先モードで、被写体ブレしないように、シャッタースピードを上げたい時には、設定も可能ってことだ!
ペンタックスK-5は、他社同様、ストロボ発光でシャッタースピードが上がるらしい。
これが、普通。だから、調べもしなかった…。
しかし、k-01は、周りの明るさではなく、どうも、暗い所は、焦点距離で、シャッタースピードを会わせるみたい…マジか!
被写体ブレしちゃうじゃん…
価格comで質問してみたけれど、どうも、k-rでも同じようなプログラムらしい、ペンタックス使用者は、今まで、不便とか思わなかったのだろうか?
使用説明書には、手ブレの怒らないシャッタースピードになると書いてあるけれど…
望遠側はK-rの数値だけれど、ストロボ発光時のAVモードのシャッタースピードは、下記のような感じだ。
======
17mm(35mm換算25mm相当)1/15s
18mm(35mm換算27mm相当)1/15s
28mm (35mm換算42mm相当)1/25s
50mm (35mm換算75mm相当)1/30s
55mm(35mm換算82mm相当) 1/30s
75mm(35mm換算112mm相当) 1/50s
80mm(35mm換算120mm相当) 1/50s
100mm(35mm換算150mm相当) 1/60s
135mm(35mm換算202mm相当) 1/80s
200mm(35mm換算300mm相当) 1/100s
=====
一般的には、35mm換算で、1/焦点距離が、手持ち撮影の限界シャッター速度とされています。
 例えば、焦点距離が50mm、1/75秒、100mmでは1/100秒
APS-Cでは、1/(焦点距離X1.5)が、手持ち撮影の限界シャッター速度とされます。
 例えば、焦点距離が50mmでは、1/75秒、100mmでは1/150秒

質問したら、CANON EOSもシャッタースピードが上がらないからとか、canonはそれを仕様と言っているとか、上げ足をとったように噛みついてきた人がいたよ…。
というか、いつの時代のEOSを引き合いに出しているのかね…。EOSは、そんなショボイ設定じゃねーし。
EOSは、AV絞り優先モードの時、1/250~30秒で自動設定されるが、カメラ側の設定で、1/250~1/60秒自動設定と、1/250秒固定設定OKできる。

ストロボ発光+絞り優先モードで撮影することのことが多い自分にとっては、今のk-01は使い勝手が悪い。
ペンタックスカスタマーに連絡をとったら、これは、おかしいので、開発部署に急ぎ連絡を取り対応したいと思いますという回答を貰った。ということは、ファームウェアがでるのかな?

さらに、ペンタックスのカメラは、Nikonなどのように、クリック一つでソフトで転送できるというわけではない…。
カードリーダーかエクスプローラで転送するらしい。基本なんだろうけれど、クリック一つで転送できないのは面倒…。

この2点は、当たり前だと思っていただけに、ガッカリ・・・
そこへきて、電子ダイヤルの不具合・・・
初期不良扱いになり販売店での新品交換になりましたので、これを機に、全て手放しちゃいます。
やっぱ、自分は、CANONかNikonが良いな。
もし検討されている方がいましたら、新品保証付きですので、どうぞ。

というわけで、ヤフオクで出品しますので、もし宜しければ、お声掛け下さい。
新品 PENTAX K-01 ボディ 保付

その他
==別出品==
新品同様(202ショット/4日撮影)タムロン標準ズームレンズ(SP AF17-50mm F/2.8 XR DiII LD Aspherical [IF]Model A16)
新品(販売店で交換してもらった新品)K-01ボディ
新品・標準ズームレンズ(smc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6 AL)
新品・望遠ズームレンズ(smc PENTAX-DA L 55-300mmF4-5.8 ED)
=======
2012.07.14 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ペンタックスのデジカメのリモコン(リモートコントロール F 防水リモートコントロールO-RC1)が、携帯電話で出来たら良いと思いませんか?
ということで、携帯電話用のアプリを見つけましたので、ちょっとメモって置きます(*^_^*)

下記のQRコードに携帯でアクセスすると、無造作にDOWNLOADと表示されますので、そのDOWNLOADを選択すれば、iアプリのダウンロードが開始されます。

ペンタックスデジカメ用リモコンアプリ
PCからは、ダウンロードできないようですけれど、PCで先に覗いてみたい人は、
http://sutamalab.web.fc2.com/remocon_if/Download.html
です。

ダウンロードすると、こんな感じです(当方の携帯です)。
赤い丸で囲んだ所が、ペンタックスリモコンアプリです。
携帯アプリ用画像
アプリを開くとこうなります(通信はしません)。
携帯アプリ用画像
操作は簡単。
「2」を押すとシャッターを切る
「1」を押すとバルブシャッター開始
「3」を押すとバルブシャッター終了
という具合です。
後は、カメラ側で、リモコンを操作されたら、直ぐシャッターを切るように設定したり、リモコン操作から3秒後にシャッターを切るように設定をしたり、リモコン操作後ピントを合わせずにシャッターを切るように設定をしたり、リモコン操作後ピントを合わせた後にシャッターを切るように設定をするというのは、カメラ側にその設定があるかどうかになります。

けっこう良い感じでしたよ。
2012.07.08 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (1) l top
ヤクルトリベシィのCMを見た事ありますか?
洗顔からスペシャルケアまで、もっちりぷるるん肌になるエイジングケア化粧品です。
画像から、動画CMが見られますのでどうぞ。
aaa.jpg
2012.07.08 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。