上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
医療速報の転載です

プラズマクラスター(Plasmacluster)イオン発生装置を透析室での利用し、インフルエンザ感染の発症を抑える効果があるかを実験を行ったところ、プラズマクラスターには一切効果がないことが財団法人パブリックヘルスリサーチセンターが実施した試験で明らかになった。

透析室内を「プラズマクラスターイオンあり区域」と「プラズマクラスターイオンなし区域」に区分けし、それぞれの区域で透析を受ける通院患者のインフルエンザ感染の発症件数を見たところ、統計的な有意差には至らなかった。

このプラズマクラスター有効性試験は、合計観察日数当たりのインフルエンザ感染の発症件数を主要評価項目とした。試験の対象施設数は神奈川県内の44施設で、計3407人の通院患者が透析を受けている。

比較方法は、各施設の透析室をプラズマクラスターイオンありの区域と、プラズマクラスターイオンなしの区域に無作為に区分けし、それぞれの区域で透析を受ける患者の間でインフルエンザ感染の発症率を比較した。

観察期間は2009年12月1日から2010年6月30日までで、この間のインフルエンザ感染の発症件数は、プラズマクラスターイオンあり群(1154人)で9件、プラズマクラスターイオンなし群(1274人)で14件だった。主要評価項目は、プラズマクラスターイオンあり群が0.0000411に対し、プラズマクラスターイオンなし群が0.0000590だった。

プラズマクラスターイオンあり群に対するプラズマクラスターイオンなし群のオッズ比は1.7002(95%信頼区間;0.7252-3.9862、p=0.09935)となり、統計的な有意差はなかった(コクラン・マンテル・ヘンツェル検定)。なお、並べ替え検定でも、p値は0.1973で有意差はなかった。

プラズマクラスター(Plasmacluster)とは、家電メーカーのシャープによる造語で、プラズマ放電により活性酸素を発生させる技術の総称である。プラズマ放電を用いるという基本原理はオゾン発生装置とほぼ同一のものである。活性酸素の老化促進や毒性などのネガティブなイメージを払拭するために、プラズマクラスターという造語が作られたものとみられている。

今回の実験では、プラズマクラスター製品が主に家庭用ということもあり、オゾンを中心とした活性酸素の除菌効果(=毒性)が人体に悪影響を与えないよう、出力を抑えていることが効果の無さにつながったとみることができる。

スポンサーサイト
2012.02.12 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。