上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
キャノンCMキムタク似の人ヘニーファンヘールデンキャノン(CANON)の一眼レフデジタルカメラEOS–1D Mark IVのCMで、キムタク(木村拓哉)?と思わせる人、誰?と思った人います?
この人の名は、『ヘニーファンヘールデン』さんという写真家だそうです。
15秒程度の中で、一瞬出てくるカメラを構えた姿がキムタクに感じてしまったのは自分だけでしょうか?
話しは変わりますが、このキャノンのCMのバックミュージックカッコイイですよね。
スポンサーサイト
2010.07.27 Tue l 私の日記/その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
政府の事故米(汚染米/カビ米)を、10年以上にわたり、流通させてきた三笠フーズが、摘発され、もう事故米は食品用に流通させないと、当時、自民党&公明党政権が原因追求し、対策を立て、完璧を謳っていた記憶があるが、また、発覚しましたね。
今度は、甘糟損害貨物(横浜市)▽協和精麦(神奈川県伊勢原市)▽石田物産(横浜市、廃業)▽共伸商事(愛知県半田市)の4社が、事故米を流通させていたと発覚したね!

神奈川を中心にしていたから、今度は、関東一円に、事故米が蔓延していたはず。

事故米が原因で肝臓癌になった?
三笠フーズが、過去、10年以上にわたり、事故米を流通した結果、その10年で、その地域に肝臓癌が多発してきているという結果があるのに、またしても流通させるかね(;一_一)

事故米が原因で肝臓癌になった?
当時、『事故米には、自然界における 「最強の発がん性物質」 アフラトキシンB1(0.0015ppm = 10億グラム中に1.5グラムの濃度で、 100%発癌 )に汚染されているお米で、その汚染された毒米が *10年以上に渡って食用として転売されていた。』と、話題になったことは、記憶に新しいはず。


安売りされているスーパーやホームセンターで安売りされている米は本当にまともなのかね??
インターネットには、オリジナルブレンド米なんて、お米が売られているが、事故米をブレンドしてあるんじゃねぇの(;一_一)?

こういう時代だからこそ、自分の実家で作ったような産地直で収穫されたような嘘の無いお米が信用される時代ですね。
というわけで、自分がオークションにお米を出品した時は、実家からお米を多く持ってきた時だから、単一のコシヒカリ米で、とてもお得です~(*^_^*)

▲出品している時は、お米が表示されます▲
出品していない時は、biddersの文字が表示されます。
2010.07.26 Mon l 私の日記/その他 l コメント (0) トラックバック (2) l top
脳に良い栄養素サプリ
最近、年寄りの痴呆症が、多くなってきている。
痴呆症は脳の機能障害で、その機能障害に、最近注目されている栄養素がある。
それが、ビタミンB12だそうです。
名古屋学芸大学 医学博士・管理栄養士 徳留裕子教授より
脳に良い栄養素サプリ
2010.07.22 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ビッダーズオークションからこちらに来ていると思います。
たぶん、他の人の出品やレンタルアップ品などと比べて細かく書いてあると思います。
質問がある場合は気軽に質問して下さい。

●スペック
・ CPU : AMD>Athlon 64 X2 Dual-Core 4000+ SocketAM2 BOX (65W)(価格コムユーザーレビュー
・ マザーボード : ASUS>M2A-VM(価格comユーザーレビュー代理店サイト
・ ドライブ : LGエレクトロニクス>GSA-H58N(DVDマルチドライブ)(ASCIIサイトメーカーサイト価格コムGSA-H58N (White)価格コムGSA-H58N (Black)
・ ケース : AOPEN>TM-363 WHITE (メーカーサイト価格COM
・ メモリ : UMAX>Castor SSDDR2-1G-800 (DDR2 PC2-6400 1GB)(代理店サイト価格comレビュー
・ ハードディスク : SEAGATE>ST3160815AS (160G SATA300 7200) (メーカーサイト価格comレビュー
・ 電源 : 最大出力300wケース付属電源
・ ケースファン(フロント/吸気用) : AINEX>Omega Typhoon 80mm CFZ-80F(…メーカーサイト
外形寸法 420mm(D) x 180mm(W) x 360mm(H)

PC内ソフト パソコン画像 パソコン画像 パソコン画像 パソコン画像 パソコン画像 パソコン画像 パソコン画像 パソコン本 パソコン本

下記に短所や長所も含め隠さず色々書いていますが、メーカー製の中古やレンタルアップパソコンを買う位ならば、こちらの方が拡張性があるので良いと個人的には思いますが…。

---付属品---
電源コード
マザーボード用ドライーバCD-ROM
ライティングソフトCD-ROM
パーツの取り説
その他パソコンを作る時に参考にしたサイトの印刷物
その他参考にした物を、お付けします。
画像に、『WindowsXP Professional ServicePack2のOSのCD-ROM』と『プロダクトキーシール』が写っていると思います。以前ヤフオクで購入した物です。このPCを落札してくれた人におまけで差し上げます(OSのインストール方法などのサイトの印刷物)。
500円でわかるエラーメッセージの本
ウインドウズXP即効設定事典の本

---おススメ増設----
WindowsXPでしたら、このままでも、使用できますが、おススメの増設を強いて言うなら、メモリーの増設と、排気ファンの増設が考えられます。
 メモリーについて
現在、1GBありますが、2GBに増設すると、インターネットの利用等で、余裕が出てきます。
また、1GBを4GBに増設すると、さらに余裕が出て、RAMディスクなどのもフルに使えるようになります。
※ 1GBでも、普通に使用できます。今、ネット上で、メモリーが安いので、金銭的に余裕があれば増設をおススメ。購入後増設をご自分で希望される場合、購入後のアドバイスもします。
約2000円位で+1GBUMAX > Castor SSDDR2-1G-800 (DDR2 PC2-6400 1GB) 参考
約4000円位で+2GBUMAX > Pulsar DCSSDDR2-2GB-800 (DDR2 PC2-6400 1GB 2枚組) 参考

 排気ファンについて。
CPUクーラーのファンがあり、フロントに吸気ファンがあり、リアの電源には排気ファンが付いているため、ケース内は、フロントとサイドから空気が入り、リアに排出される流れがあります。金銭的に余裕があれば、排気ファン単体をケースリアに付けても良いと思う。
このPCは、低発熱のCPUを使っているので、熱に悩まされることはありませんが、夏は暑いので、排気ファンを付けられる金銭的余裕があるならば、付けた方が良いかなぁという感じ。
※ 未使用品のWiNDy SS92(メーカー直販価格は、1,501 円)を同時に出品しています。落札して頂ければ、同時発送も致しますし、取付を希望されれば、リアに排気用ファンとして取り付けてから、発送します。

ハードディスク
約4000円で新しいハードディスクに交換が可能です。
サムスン >価格コム HD502HI (500GB SATA300 5400) 参考




---現----状---
 今インストールされているWindowsXPのOSをそのままにした場合、OSを含め、今、このpcに入っているソフト(オフィス2007、将棋ソフト、解凍ソフト、ホームページビルダーをはじめ、いくつものソフト)をそのまま使えます。細かいことを気にしない人でしたら、自己責任ということでそのまま使って下さい。自分は一切干渉しません。
一応、出品上の都合で、落札者様がご自分でOSを用意してくださいと書いています。
WindowsXPのOSのCDROMとプロダクトキーシールは、以前、ヤフオクで購入した物なので、落札してくれた人に、無料で差し上げます。(質問がある人は、質問して下さい)

 ゴミ箱の設定
ファイルやフォルダを削除した時に、ゴミ箱に移動ではなく、即、削除といった設定にしています。
通常の設定に戻すには、ディスクトップ上のゴミ箱を右クリック→プロパティ→オプションタグ→「ゴミ箱にファイルを移動しないで削除と同時にファイルを消す(R)」にチェックを外し、OKをクリックで戻ります。

 IODATAのRAMディスク(Ram Phantom 7 32LE)がインストールされています。
右下の時計の左側の緑色のアイコンです。
現在、インターネット一時ファイルをハードディスクに保存ではなく、RAMディスクにに保存&削除する設定にしています。
今、PCには、1GBのメモリーを使用しています。そこで、1Gというシステム内から319MBをRAMディスクとして設定しています。
WindowsXP32bitは最大で約3GB前後をシステムとして認識できますので、例えば、メモリを増設して、合計4GBにした場合、システムメモリとして3GBを使用して、残りの1GB弱をRAMディスクとして使用することが出来ます(おススメです)。

 ディスクトップの背景
地味な背景が好きなので、黒に設定してあります。
設定は、スタート→コントロールパネル→ディスクトップの表示とテーマ→ディスクトップの背景を変更で変更できます。

 メモ帳、Internet Explorer、ワードなどの背景は白だと眩しいので、灰色に設定しています。
変更するには、スタート→コントロールパネル→ディスクトップ表示とテーマ→ディスクトップの背景を変更するで、『ウインドウ』を選択し、灰色を選んでいます。
ここで、白色を選べば、白色になります。

 ロジクールのワイヤレスマウス&キーボードMK700を使っていたので、ロジクールSrtPoint6.0がインストールされています。不要ならば、プログラムの追加と削除で削除するかOSの再インストールをされてください。
OSの再インストールをせずに、プログラムの追加と削除で消し、レジストリが残ってしまうことを気にされる場合、http://attain312.blog109.fc2.com/blog-entry-176.htmlを参考にして削除して下さい。

 電源の設定でスタンバイの待機時間を1時間後に設定しています。
スタート→コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→電源オプション→システムスタンバイ(T)にて、1時間ごと設定しています。
スタンバイ中は、マウスやキーボードやモニターの信号が無くなり、PC本体のPWボタンが青色に点滅し待機します。
PWスイッチを押すと、すぐ復帰します。
余談ですが、PWスイッチを数秒(4秒位)押し続けると強制終了となります。

---静音性---
パソコンの騒音の元は、ケースファン、電源の排気ファン、CPUクーラーファン、ハードディスクの動作音の4点が主な騒音の原因です。
このパソコンも、例外にもれず、ある程度は、動作音を感じます。
レンタルアップのパソコンや、メーカー製パソコンは、拡張性が殆ど無いが、自作パソコンは、拡張性が無限大ですので、少しずつ納得するまで変えていくのも手段かと思われます。
パーツの交換やケースの交換はお金がかかってしまうので、どの辺で妥協をするかという所が線引きになるかと思います。下記に書いてみたので参考にどうぞ。

 ハードディスク(HDD)…現在、回転数:7200rpmのHDDを使用しているが、回転数を5400rpmや4500rpmのHDDに交換する。すると、動作音が小さくなる、しかし、スピードが落ちる。
HDDを今、流行りのSSDに交換すると、動作音が無くなる、しかし、SSDはHDDに比べ、購入価格が数倍高価なことや、HDDに比べ寿命が短いなど、短所がある。

 ケースファン…現在、吸気側に、AINEX>Omega Typhoon 80mm CFZ-80F(ノイズ19.5dB/風量29.11CFM/回転数2000rpm)が付いています。
このケースは、フロントに付けられるファンが限られているので、静音性を重視するとなると、サイズ>S-FLEX SFF80B(ノイズ12.2dB/風量21.5CFM/回転数1500rpm)や、AINEX>CFZ-80S(ノイズ11.7dB/風量18.35CFM/回転数1400rpm)に交換すると静音性が高まる。
騒音が少なくなる代わりに、風量が減るというマイナス面がある。
吸気量をアップするのに、吸気口の所を切り抜くと吸気量がアップする。しかし、騒音性にはマイナス。

電源の排気ファン…現在、ケース付属の電源が付いている。電源に付いているファンは、8cmのファンが付いている。なので、12cmとか14cmとかの大型ファンの付いている電源に交換すると、静音性が高まる。
電源は、数千円から三万円を超える電源まであり、電源だけでも様々である。
今、オークションに『電源ユニット>サイズ>剛力2 GOURIKI2-500A』を出品しています。もし、一緒に購入してくれる人には交換してお渡しします。

 CPUクーラー…現在、AMD純正のCPUクーラーが付いています。今使用しているCPU自体が省電力タイプで発熱性が低いので、そんなに冷却性を追求したCPUクーラーを選ばなくても良いと思うので、3千円位で充分冷えて、静音性の高いものに交換出来るかと思う

 ケース…現在、AOPEN>TM-363 WHITEを使用しています。デザイン性に優れた安価なケースだと思います。静音性を考えた場合、12cmのファンなどの大きなファンの装着が可能なケースに交換するとケースにより静音性と冷却性が高まる。

 パソコン本体をケースに入れた場合。かなり静音性の効果があるが、ケース自体の吸排気をしっかりして熱気を抜いてあげないと、パソコン本体も熱で駄目になってしまうので、注意が必要。

 パソコンをつなりの部屋に置いた場合。これも充分静音性の効果がみられる。ディスプレイ用に5.5m延長コードや、USB延長コードが必要で、キーボードとマウスは、ワイヤレスタイプがあると便利である。

---CPUの性能---
現在、AMD>Athlon 64 X2 Dual-Core 4000+ SocketAM2 BOX (65W)が付いています。自分の主なPCの活用として、ネットゲーム(将棋)とヤフー動画視聴で、時々、音楽やワードやエクセルやデジカメの画像編集とDVDに保存でした。その程度でしたら、このCPUで問題なく軽々とこなします。
自分は過去に、『将棋ゲームをやるとCPU使用率が100%になってしまい、CPUの余裕が無くなっている感じがするのですが、どんなCPUにしたら余裕が出来ますか?』という質問をしたことがあります。
その時に頂いた回答に「AMD>Athlon64X2 4000+(65W)はクロック周波数がデュアルコア(2コア)の2000MHzだから限界があるので、AMD>PhenomIIX4 945(95W)のクアッドコア(4コア)の3000MHzにすると余裕が出る」と言われたことがあるが、実際には、PhenomIIX4 945にしてもCPU使用率は100%でした。その後解ったことは、将棋のような考慮系のゲームソフトは、CPUをフルに使用するそうで100%になるそうです。
なので、CPUの選択も、CPU単体で数千円から10万円オーバーのCPUがあるが、ご自分がどんなことにパソコンを使用するかということでCPUを選択すると良いです。


----OSとプロダクトキー-----
Microsoft社のOEM 向けプロダクトキーのライセンス認証が2005年5月から変更になりました。
コンピュータに添付しているプロダクトキーを使用してインターネット経由でのライセンス認証を実行することができなくなり、電話でのライセンス認証のみの実行となりました。
Microsoft では、違法コピーの発生を減らすため、OEM による事前ライセンス認証が施された PC に貼付された COA キーを用いたオンライン ライセンス認証の無効化を実施していきます。
既に OEM による事前ライセンス認証が完了しているために、自分の PC に貼付されている COA キーを使用してソフトウェアのライセンス認証を行う必要のないユーザーにとっては、この変更による影響は最小限であると考えています。
しかし、何らかの理由により、OEM の事前ライセンス認証が期待どおりに動作せず、エンドユーザーがライセンス認証を行う必要が生じた場合は、電話を主体としたライセンス認証を実行することができます。

Microsoft社では、プロダクトキーの偽造品や違法コピー品を規制するためのもので、正規品は電話で認証されます。
例えば「エプソンダイレクト」のプロダクトキーは、本来、そのエプソンダイレクトの個体(パソコン)に付属している物ですが、例えば、ケースにキズが付いたということで、ケースを交換したとしたら、中身がエプソンのPCでも全く別物に見えますよね…。
情報の入っているハードディスクを変えた場合、改めて認証を完了すれば使用できる。
だからヤフオクなどで、プロダクトキーを売る人がいるんでしょうね。
2010.07.08 Thu l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。