上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
トヨタJZX100系ワイヤレスキーの修復・修理を説明したいと思います(経験談にて)。
落下や洗濯などで、ワイヤレスキーの送信機が壊れてしまった場合の修復で、3,000円程度で修復しました。
(※ 高くても新品が良いという人は、トヨタで送信機(モジュールセットが純正番号89071-22020トランスミッターという製品)が税込9,660円+ディーラーで設定工賃1,500円で設定できます。)

トランクのボタンのゴムが切れてしまっただけだから、もう少し安く修復したいという人は、315円で修復の記事を参照して下さい。

ここでは、約3,000円程度で、故障してしまったワイヤレスキーを使えるようにする方法を説明します。

実際に、自分の車、JZX101クレスタのワイヤレスキーを修復してみます。
ステップ1.準備するもの
JZX100系ワイヤレスキー修復の為に準備する物
★今、使用しているワイヤレスキー本体
★ヤフオクやフリマなどで、売られている、同型のワイヤレスキー(1000~2000円位で売られています)。今回自分は、JZX100のマーク2のワイヤレスキーを1300円で手に入れました。
★#0番の精密プラスドライバー(手持ちになければ、100円ショップで用意できます)。


ステップ2.作業
JZX100系ワイヤレスキー修復
ドライバーでばらします。
※その時にスプリングが飛ばないように注意して下さい。不器用な人は、分解する際にビニール袋の中に入れて分解すると、スプリングが飛ばないでしょう。

ステップ3.
送信機の部分を入れ替える(今まで使用していたワイヤレスキーの送信機を取り外し、新たに購入した中古のワイヤレスキーの送信機を付け替える)。
※ せっかく、分解しているのだから、送信機の電池(3VのCR1220)を交換しておくのも良いでしょう。
JZX100系ワイヤレスキー電池
準備が出来たら、組み立て、ドライバーでネジを締める。

賢い人ならば、ここで、『ワイヤレスキーの送受信は1:1になっているのだから、中古で購入した送信機では、ドアもトランクも開かないジャン!』と思うはず。

ステップ4.
そこで、トヨタのディーラーに、『ワイヤレスキーの設定をお願いします』と車ごと持ち込みます。
そうすると、1500円程度で、設定して頂けます。
作業時間は2~3分程度です。

確か設定方法は、簡単な方法だったと思うので、ネットで調べれば、出てくるかな…?もしくは、ディーラーで設定方法を教えてもらえば、購入金額のみで済みます。

ですが、ディーラーでも、この設定作業を、胡散臭い顔をせず、普通にやってくれますので、持ち込みでも、どちらでもお好きなように~(^-^)ノ


トランクのボタンのゴムが切れてしまっただけだから、もう少し安く修復したいという人は、315円で修復の記事を参照して下さい。


トヨタ/マークⅡ/チェイサー/クレスタ/JZX100/JZX101/キーレス/ワイヤレスキー/トランク開閉ゴムボタン/修理//販売/紛失/破損/修復/


スポンサーサイト
2009.07.05 Sun l ごんたのカー・ケアレッスン♪ l コメント (4) トラックバック (0) l top
ワイヤレスキーの送信機の本体が故障してしまった人の場合、故障してしまったワイヤレスキーの修復=3,000円=を参考にされて下さい。

ここでは、トヨタJZX100系ワイヤレスキーのトランクボタンの修復=315円=を書いてみます。

トヨタクレスタキーレスワイヤレスキー画像最近、愛車JZX101クレスタのワイヤレスキーのトランク開閉のボタンが破損してしまい、「ゴムボタンの部分だけ部品があるものか?」と調べたら、送信機一体でしか、部品として存在しなく、金額が9660円もするらしい!!キーレスが壊れたわけでは無いので、315円で修復しました(^-^;)

たぶん、同じように悩んだ方もいると思うから、修復手順を…(^-^)

● ステップ1.準備する物
トヨタクレスタキーレスワイヤレスキー画像
★ 今使用しているワイヤレスキー
★ #0、又は、#00の精密ドライバー(プラス)
★ リモコン…自分はジャンク品を315円で購入。
 ※ワイヤレスキーのトランク開閉ボタンの穴は約7mmなので、リモコンのボタンは6.5mm又は6mmのボタンのリモコンを選ぶ(自分は6mmのボタンを購入しました。)
 ※ボンドは必要ありませんでした。

● ステップ2.分解/組立作業
トヨタクレスタキーレスワイヤレスキー画像
ワイヤレスキーのネジを精密ドライバーで外す。
その際、ドアロック開閉のボタンがスプリングで飛ばないように注意すること。

トヨタクレスタキーレスワイヤレスキー画像
リモコンを分解して、ボタンの所を切り抜く。
ワイヤレスキーのトランク開閉ボタンの穴のあいてしまった所に詰め込むように入れるため土台は抜けないように、土台は、四角に切り取る。

トヨタクレスタキーレスワイヤレスキー画像
切り取ったボタンは、穴の開いた所から無理矢理、押しこむように、中に入れる。
埋め込むように、入れられたら、キー本体と仮に合わせて押してみる。

トヨタクレスタキーレスワイヤレスキー画像
締めすぎないように、ネジを締め、終了。
リモコンから取ったボタンだけあって、今までよりも、良い感じです。


~作業終了~





トヨタクレスタキーレスワイヤレスキー画像
このままでも充分だけれど、塵などが気になる場合は、リモコンラップの様なもので、ラッピングしてみては、いかがでしょうか?
自分はここまでしないけれど…


トヨタクレスタキーレスワイヤレスキー画像
ちなみに、電池は、コイン型リチウム電池CR1220でした。



新たに書いた記事で、故障してしまったワイヤレスキーの修復=3,000円=も参考にされて下さい。


トヨタ/マークⅡ/チェイサー/クレスタ/JZX100/JZX101/キーレス/ワイヤレスキー/トランク開閉ゴムボタン/修理//販売/紛失/破損/修復/
2008.08.20 Wed l ごんたのカー・ケアレッスン♪ l コメント (9) トラックバック (0) l top
ブースターケーブル(バッテリーケーブル)の使用方法の基礎知識
知っていても、損は無い知識の一つ。でも自分の車のバッテリーは上がってほしくは無いもの。
でも、ライトの消し忘れなどによるバッテリー上がりの応急処置としてブースタケーブルの接続方法の基礎知識。画像を参考に覚えてね♪
2007.12.03 Mon l ごんたのカー・ケアレッスン♪ l コメント (0) トラックバック (0) l top
持続効果が長いと謳っているワックスが性能の良いワックスだと思っていませんか?

車の塗装の厚みは、1㎜の約10分の1、約110~120ミクロン程度です。
塗装作業の一番最後、ボディの一番外側に塗られるクリア層(透明な層)は約40~50ミクロンしかありません。
そして、手掛けワックスすることにより付着するワックスの被膜は、たった10ミクロン(100分の1㎜)と言う薄さなのです。
そして、この10ミクロンという厚さが、地球上のおける物理的限界の厚さで、これ以上暑くするとムラになったり、ワックスとしての効果を悪化させてしまうと言われています。
特に、日本の場合は“四季”がありますから、10ミクロンのワックス被膜が持続する限界は1ヵ月半程度とも言われています。
では、なぜ、市販のカーワックスは持続効果がそれぞれ1,3,6,12ヶ月と分かれているのでしょうか?
答えは、しっかりと商品パッケージや説明書を読めばわかるのですが、例えば、インドアテスト(室内テスト)によるもの・・・この室内という条件下であれば普通の固形ワックスでも6ヶ月効果があるでしょう。
しかし、室内シャワーテストなどは、果たして一日に何分位あてたものでしょうか?
また、12ヶ月効果をうたったもの等によく見られることですが、ワックスの中に塗装面に焼き付くような強い成分を混ぜて効果を伸ばしているものもあります。これでは、いくらワックスの持続効果があるといっても、すでに、車の肌はボロボロ・・・。つまり、持続効果が長いという商品ほど危険性が高いといっても過言ではありません。
ハンドクリームに、厚く塗って一日中効果があるものなんてないように、車のワックスだって同じことです。
車のワックスの持続効果は、保管状況や車の使用頻度によってことなります
こまめに、ケアをしてあげましょう。


2006.09.20 Wed l ごんたのカー・ケアレッスン♪ l コメント (2) トラックバック (0) l top
ご存知ですか?冬は、車の肌(ボディ)が一番傷む季節!

冬は、車の肌(ボディ)に悪い影響を与える季節です。
雪解けした道路は、泥だらけ、当然車も泥だらけになり、洗車の際に、乾き始めた泥を落とすこともあり、ボディに細かなキズが入りやすい状態になります。
また、冬の道路には融雪剤がまかれていることが多いため、ワックス効果が極端に短くなってしまうのです。
つまり、この季節には、マメにワックスを掛けることが絶対に大切!ということです。
ワックスの被膜を維持することによって、車に積もった雪が滑り落ち、細かなキズを防止してくれます。
~マメなワックス掛け=車の肌の傷みを最小限にくい止めること~
ということを、冬は特にお考えいただきたいのです。

2006.09.02 Sat l ごんたのカー・ケアレッスン♪ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ボディの上で水玉になることが“撥水”の効果があることと思っていませんか?
一般的に、車のボディに水を掛けたりした時に水玉になると“ワックスが効いている”と思われているようですが・・・
しかし、これは誤りです。
水玉の形が良いものほど、レンズと同じ働きをして、光を集めてしまい、車のボディにウォータースポット(水玉の焼付け)を作ってしまいます。
更に、水玉としてボディに残っている時は、水垢の原因になってしまうのです。
では、ボディーに良い撥水の働きとは、どのようなものでしょうか?
まず、水玉の形状は丸よりは楕円形の方が良く、そして、出来る限り、ボディに残らないことがベストな状態と言えます。
数万円で施行されているボディーコーティングなどはそのような効果が期待できます。
ここで1つ付け加えておきますが、色の濃い車の場合、ウォータースポットを防ぐのはかなり難しく、それを最小限に防ぐにはマメに手入れやワックスを掛けることをお勧めします。
2006.08.24 Thu l ごんたのカー・ケアレッスン♪ l コメント (0) トラックバック (0) l top
「今日も雨・・・どうせ雨が続いているからワックス掛けはしなくても良い!?」なんて思っていませんか?
6月頃の雨が毎日続く梅雨時、そして、忘れられがちですが、9月頃も台風などの影響で長雨の続く季節です。
雨の日が続くと、つい「どうせ雨ばかりだからなぁ・・・」とワックス掛けをおろそかにしてしまいがちです。
それに、「ワックス掛けをすると翌日雨が降る」なんてジンクスもあり、ワックス掛けをやめてしまいがちです。でもそれは、大間違い!
そんな季節だからこそ“要注意”なのです。
今、地球上に降る雨は、ご存知の通り、大気汚染の影響などで酸性の強い雨、いわゆる酸性雨です。この酸性雨が車の肌(塗装)を傷める事は広く知られていることです。
とすれば、雨が多いということは、それだけ車の肌が傷み、ワックス持続効果も短くなり、水垢が大変つきやすい。と言うことです。
ですから、普段よりもワックス掛けの必要性が高まる時期なのです。
梅雨など長雨の季節には晴れの合間を見つけてはマメにワックス掛けを行うことを、是非、お勧めします。


2006.08.23 Wed l ごんたのカー・ケアレッスン♪ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。